東海甲府トピックス

第97回甲子園大会出場にあたり、同窓生各位には多大なるご支援とご声援をいただき、誠にありがとうございました。
3回戦で早稲田実業高校と対戦し、4対8で惜しくも敗れ、準々決勝進出を果たすことができませんでした。
今大会をバネとし、今後更なる健闘を期待したいと思います。
同窓生の皆様には、今後ともご支援くださいますようお願い申し上げます。
                                             同窓会長 斉 藤 邦 彦
post by 同窓会事務局 | コメント(0)
この度の甲子園大会出場に際しまして、ご支援とご協力ありがとうございました。
長野県代表の佐久長聖高校と対戦し、1対3で惜しくも1回戦敗退となりました。
卒業生各位には、甲子園での応援や寄付金などのご協力をいただき、誠にありがとうございました。
post by 同窓会事務局 | コメント(0)
試合日程が二日間延期され、初戦が8月14日(木)の第一試合となりました。
試合前日の夜、遠藤理事長が宿舎を訪れて選手を激励しました。
「平常心をもって試合に臨み、一日でも長く大阪に居ることができるよう最善を尽くしてほしい」との挨拶がありました。


post by 同窓会事務局 | コメント(0)

甲子園大会の応援に行こう!

2014年08月08日(金)
甲子園大会応援ツアーを募集しています。

第1回戦  8月12日(火)第一試合 8:00~  対戦校:佐久長聖高校(長野県)

応援バス  8月11日(月) 23:00(甲府駅南口発)  8月12日(火)18:30(甲府駅南口着予定)
        参加費:16,900円(弁当2食・入場券付き)

※詳細は、応援バスチラシ をご覧ください。
post by 同窓会事務局 | コメント(1)
野球部が第96回全国高等学校野球選手権山梨大会において優勝し、2年ぶり12回目の甲子園大会へ出場します。
7回に7点を失い5対8と大きなビハインドから、8回2点、9回4点を得点し、劇的な逆転で甲子園への切符を手にしました。
野球部の皆さん、おめでとうございました。

同窓会としても、甲子園出場をバックアップして参りたいと思います。
寄付金についてのお願いが郵送されますので、どうぞよろしくお願い致します。



post by 同窓会事務局 | コメント(0)
東海大学甲府高等学校同窓会
筆頭副会長    野澤龍起
 

会員の皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は母校のため、何かとご後援を賜り誠にありがとうございます。
このたび、同窓会組織のなかの広報部・情報管理部による会員管理システムの導入・ホームページの開設により同窓会活動が会員相互のコミュニケーションによるま すます開かれた場として機能し、気軽に閲覧できたり、ご意見等も簡単に寄せることができます。実際、この同窓会のIT導入によって各年度の同級会は勿論のこと、各クラブ、各地域等の集いの場として有効利用できます。従って、同窓会総会も今後さらに充実したネットワークを活用する中で、より多くの同窓生が集うことが期待されます。
定例役員会も毎月開かれ、母校のためにどんなことが可能なのかを話し合いの根底に据え、議論を深めていただいております。
吹奏楽部の定期演奏会である「蕾コンサート」、「開花コンサート」には役員が積極的に足を運び、会場を盛り立てていただきました。また、奨励金として多額の寄付をしていただきありがとうございました。
また、全国大会出場の場合にも、奨励金をいただき、部活動顧問の励みとなっています。ありがとうございます。


この他にも、生徒と共にどのような奉仕活動ができるだろうか、どんな社会貢献ができるだろうか、と役員会の話題にあがっていますが、ITの導入でその展望はさらに裾野を広げることになるでしょう。 
情報ネットワークのおかげで、東海大学の付属高校の集まりである連合同窓会との連携(会長会議、連合同窓会総会、学園校友会フェア・箱根駅伝応援の参加等の活動)もさらに緊密なものとなると思います。他の付属高校の同窓会では、すでにIT化が数校では進んでおり、情報交換もネット上ですばやく可能になり、より確かな情報源の蓄積に繋がり、東海大学と新たなパイプ役を演じてくれると信じています。
このように、本校同窓会活動は母校、連合同窓会、ひいては東海大学への大きなネットワークを構築しながら行われていますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。



post by ホームページ管理 | コメント(0)

昭和50年度卒業
樋口 昇

私は、長野県の中学校を卒業し父の転勤により、山梨へもどることになりました。
県外からの入学ということもあって公立高校ではなく、東海甲府高校に入学し、同級生も知り合いも誰もいない中、高校生活を送ることになりました。
高校生活で友達を作るには、クラブ活動が良いと思い、軟式テニス部に入部し活動をしました。また、2年生になった時には、生徒会の副会長に立候補しそれから卒業まで生徒会の活動をしました。
学校生活は、もちろん勉強もしなければなりませんでしたが、学園祭や体育祭、クラス対抗各種スポ-ツ大会などクラスでまとまって一生懸命夜遅くまで頑張ったことが、忘れられません。本当に楽しかった日々でした。その仲間もいまは多く付き合っています。また、担任を始めとする先生方は、非常に熱心に勉強、クラブ活動、生徒会など一生懸命に親身にになって教えてくださいました。
楽しい思い出しかない高校生活でしたが、これも先生や、東海大学にそのまま行けると言う安心感でのびのび育ったのではないかと思っています。
私は、東海大学政治経済学部政治学科に入学しました。大学生活では、附属高校だから他の学生に負けてはいけないという気持ちで、勉強もしましたが、仲間作りも専念しました。学園祭(建学際)などに参加したり、学生会(生徒会)に参加して、遊びもしましたが、学生同士での議論しあい、主張しあい学園祭で、政治討論会や新入生へのオリエンティ-ションなどしながら本当に楽しい大学生活も送ることが出来ました。
東海大学を卒業し、幅広い視野にたって、自由に見聞きして、自分の考え方を持つことにより、責任ある人間形成することだと思いました。
まさに、今の自分の存在は、高校から大学までの東海大学の一環教育のおかげであると思っています。
私は、東海大学卒業後、甲府市役所に入所して、早30年間が立ちました。今は労政課長として、甲府市の都市像「人がつどい、心かよう 笑顔あふれるまち・甲府」を目指し市民サ-ビスに徹しております。
私は、この母校が大好きで 誇りに思います。

post by ホームページ管理 | コメント(0)
昭和60年度卒業
佐藤 英雄

今年も暑い夏が始まりました。現在私は、県内のIT関連企業で総務課長をしています。暑い夏が始まると野球部OBの私としては、野球部の甲子園出場を楽しみにしています。我々の時代は第67回全国高校野球選手権大会で、山梨県勢初の甲子園ベスト4まで勝ち進みました。それから時が流れ後輩たちも同じステージには立つことはできましたが残念ながら全国制覇の夢を突破することはできていません。
しかし、今年は違うと感じます。野球部の皆さんのご活躍に多いに期待をしていますし、誰より、それを成し遂げようと選手。ご父兄の皆さんと、部長・監督さんをはじめスタッフの皆さんの熱き思いが漲っていることと思います。がんばれ野球部。熱き夏を多いに盛り上げ、山梨県いな、全国に新たな「東海旋風」を巻き起こして欲しいと思います。
そして、悲願の「全国制覇」を成し遂げ夢の「大優勝旗」を持ち帰って欲しいと思います。野球部OBとして心から応援しています。

post by ホームページ管理 | コメント(2)