トップページ > 活躍する卒業生

前進座公演「南の島に雪が降る」に卒業生の新村君が出演します。

2015年07月27日(月)

※ 写真の若い方が新村宗二郎くんです。ご年配の方は前進座と関係はありません(^^;;
小林司(38期生)

前進座に所属する、38期(2000年度)卒業、新村宗二郎君が出演する戦後七十年特別企画前進座公演「南の島に雪が降る」が8月2日宇土市民会館にて13時30分に開演されます。

ポスターにスタジオジブリのイラスト、高畑勲監督のコメントも載ってます。

ご観覧料金 4,500円(18歳以下 2,500円)全席自由

※ チケットご希望の方は小林司(090-9585-1812)までご連絡ください。


「南の島に雪が降る」
加東大介 原作
[続きを読む]
Posted by HPマスター コメント(0)

シリーズ「卒業生は今」 ファイルNo. 011 浜田さん編

2015年07月01日(水)

私は母校の同窓会事務局長として、本ホームページでのOB・OGたちの活躍ぶりを、ご紹介して来ていましたが、仕事で海外勤務の身となり、これまでの様なご協力が出来なくなりました、心苦しい限りです。
そこで一時帰国を利用して、上杉会長に辞退のご相談に参りました。
上杉会長からは、内地であれ・外地であれ「母校を思う心はひとつ」、そのまま自分の出来る限りでいい、引き続き同窓会協力を願いたいでした。 本当に心の曇りが晴れた気がしました。
そのまま「卒業生はいま」を継続し、お手伝いを致します。

今回は一時帰国の際、ボクシング同士会の宴席に参加しました折、隣席にいた濵田仁氏へのインタビューを決め、空き時間を利用し仕事先に取材を決行しました。

【お名前】 濵田仁さん 25歳
【卒業時期】 46期普通科卒業です。

先日の部の同士会はお疲れ様でした、早速にあなたを同窓会から取材に来ました。どうぞよろしくお願いします。

【Q1: では高校生の時代はどんな風に過ごしましたか。】
A1: 早速に同窓会より取材ありがとうございます。 私は高校では1年から3年までボクシング部に参加していました。インターハイに参加したりフェザー級県新人戦で準優勝、九州大会のBパートで優勝した事などは、その後の自分にも大きな部分になっています。

【Q2: そのころの母校のボクシング部はどうだったのでしょう?】

A2: 1年生のときに入部した仲間は10人以上いたのですが、もう3年のときは5人しか残っていませんでした。実は本田監督の指導も、厳しかったですけど、その分身に付きましたね。
[続きを読む]
Posted by HPマスター コメント(0)

シリーズ「卒業生は今」 ファイルNo. 009 & 010

2014年05月09日(金)

 先日、同窓会役員として上京し、霞が関ビル最上階にある東海大学校友会館での、連合同窓会長会議の分科会として開かれた、ホームページ担当者会議に参加しました。
 各高校の同窓会役員メンバーも参集し、母校の卒業生の為広報ツールであるホームページの在り様今後の方向性や、担当者の苦労の共有化が図られました。
 
 その上京の際、私は同窓会経費を無駄なく活かすため、日ごろ会えない新規に設立された母校関東支部に参加する、二人のOB(男性演歌歌手)に会いました。
初のアーチストさんなので、緊張気味で「卒業先輩は今」シリーズのインタビュー取材を試みました。
 
 
取材記事は下記のタイトルをクリックしてご覧ください。

「卒業生は今」 ファイルNo. 009
  星川春樹氏 【前田主良さん】

「卒業生は今」 ファイルNo. 010
  天竜大 【広瀬文孝さん】


【インタビュー後記】
 お二人とも話す声からしてムード歌謡に合うお方達です。 新しい曲も出たようです。
星川春樹氏は「女です」そして「ヨコハマあたり」はホリディジャパン移籍第一弾で、なかなかいい曲です。
一方天竜大氏はバインスターエンターテェーメント所属で、新宿や横浜での音楽祭では新人奨励賞、北海道でも新人賞を総なめし、今は「松五郎一代」を引っ提げ頑張っています。
 
 母校の卒業生が地域に愛され、住民に歌で元気を与えている事を、夜遅くで短い時間でしたがとてもうれしい取材になりました。
 是非、全国で頑張る母校OBの皆さん、この二人の卒業生演歌歌手をお呼び頂き、ご家族やお友達、職場で楽しいひと時を演出してみませんか。
 
 熊本星翔高校同窓会もこの二人の活躍を郷土熊本の地から応援しています。
 ご相談は同窓会事務(TEL:096-385-0505、月・水・金の10:00~16:00)まで。

以上  

聞き手:谷川政敏(同窓会事務局次長)


Posted by HPマスター コメント(0)

シリーズ「卒業生は今」 ファイルNo. 009 前田主良さん編

2014年05月09日(金)

【お名前】 前田主良さん
【卒業時期】 S46年3月8期普通科卒業。
【Q1: 前田さん初めまして。まず母校での思い出をお聞かせ下さい。】
A1:
高校時代は野球部でした。一番バッターで守備はセカンドでした。今母校に勤務されている永井先生はその時の同級生ですよ。
こんなインタビューでお話していいか、ためらいますが2年生の時大変な事をしました(笑)

【Q2: エッ、その大変な事とは何ですか、興味あります是非是非聞かせて下さい。】
A2:
ハイ、「長髪許可運動」でした、何がきっかけだったか今は思い出せませんが、授業ボイコットまでしましたよ。 それで結果、長髪OKになりました、その後の後輩たちが坊主頭で登校しなくてもよくなったのは、私たち8期の勇士がいたからですよ(笑)  その後、湘南校舎に入学しましたが2年の時、中退しました。
1年後レストランを開業し、本格的に歌の勉強をし歌手の道を目指しました。
[続きを読む]
Posted by HPマスター コメント(0)

シリーズ「卒業生は今」 ファイルNo. 010 広瀬文孝さん編

2014年05月09日(金)

【お名前】 広瀬文孝さん S43年生まれ
【卒業時期】 23期機械科卒

【Q1: 歌はいつからですか?
A1:
両親が演歌好きの影響からか、高校2年生から歌に目覚めNHKの日曜日お馴染みの「素人のど自慢大会」(会場:菊池市文化会館)にも出場しましたんです。その時の合格の鐘が今も忘れられません。
  しかし、その放送を見ていた角田校長から学ラン姿だったので、校長室に呼ばれました。そして全校集会で「自分の持つものに、気が付く事がある。その出場経験を活かしなさい。」と怒られるどころか激励され、それがきっかけでその後も、昼休みなど何度も校長室にお邪魔しました。 それがきっかけで、在校中にレコードも出したので先生らに多くの応援も受け、北海道での修学旅行でも歌わされました。
[続きを読む]
Posted by HPマスター コメント(0)

シリーズ「卒業生は今」 ファイルNo. 008 村上さん編

2013年10月02日(水)

 今日はカンボジアから帰国し、待たせていた「熊本結婚サポートの集い」の開催会議のため、地元にある「エルセルモ熊本」の松下支配人を訪ねました。10/2・3で開催する、未婚者を持つ親御さんの会や、翌日の未婚者ご本人を対象にしたカップリングイベントも、お蔭様で高い関心を集め、会場参加希望者はすでに満杯状態で、うれしい悲鳴です。

 その会議の際、お世話する母校同窓会にまで、話は広がり支配人から弊社にもいい「人財」が卒業生で頑張っていますよと、社員さんを紹介頂きました。 それでは早速にと取材記者に早変わりの私です。

 目の前に現れたのは、武井咲さん似の実にかわいい御嬢さんでした。
いつもこんな取材なら・・・いやいや失礼、ハイ早速に取材です。


【お名前】 村上直美さん 23歳
【卒業時期】 47期普通科卒業です。

【Q1: 母校は変わりましたよ。】
A1: えぇ、自宅から職場までの通勤路ですので、母校に掲示されている看板などで、私自身は早くから知っていました。呑み会で会う友達でも、結構話題の種になりましたね。

【Q2: ところで母校を卒業後は、どんな社会生活を?】

A2: 卒業後は栄養士になりたくて、福岡にある福岡純真短期大学に入り、製菓コースを選び学びました。 その後その道を活かしたいとエルセルモグループのKKモンパリに入社し、結婚式のウェディングケーキなどを作っています。
[続きを読む]
Posted by HPマスター コメント(0)

前進座公演「赤ひげ」に卒業生の新村君が出演します。

2013年08月23日(金)

小林司(38期生)

俳優をやっている38期(2000年度)卒業、新村宗二郎君が所属する前進座の「赤ひげ」が9月13日に公演されます。
新村君も出演します。頑張っている同窓生の姿をぜひご家族、ご友人をお誘いの上ご覧ください!
 
催 し 物 前進座公演「赤ひげ」
開催日時 2013年9月13日 (金)
開催場所 熊本県立劇場演劇ホール
入 場 料 S席: 5,000円
A席: 4,000円
B席: 3,000円
問いあわせ先
前進座 熊本パル
096-381-7807


新村宗二郎プロフィール


 
前進座ホームページ


 
Posted by HPマスター コメント(0)

シリーズ「卒業生は今」 ファイルNo. 007 金田さん編

2013年06月07日(金)


【お名前】 金田 未来さん
【卒業時期】 2008年 コミュニケーション科卒
【部活歴など】 写真部・応援団部

【Q1: 母校は創立50周年を機に、変わりつつあります。
 ご存知ですか?】

A1: 2005年に入学、2008年に卒業しました。「母校は校名変更だよ!」と友達から聞かされ、まず自分の母校が無くなるのではと正直イヤでしたね。その後、新聞などニュースでも、その変わりゆく母校を実感しました。
[続きを読む]
Posted by HPマスター コメント(0)

シリーズ「卒業生は今」 ファイルNo. 006 穴井さん編

2013年05月28日(火)


【お名前】 穴井 浩さん 53才
【卒業時期】 16期普通科卒業
【部活歴など】 合気道

【Q1: 母校は創立50周年を機に、変わりつつあります。 ご存知ですか?】
A1: S54年に卒業しましたが、いま思い出しても大森先生(後に甲府校へご栄転)には大変お世話になりました。 その後の母校との縁は残念ながら有りませんでした。
校名変更は近年どの学校でもですので、寂しいですが時代の流れと見るべきでしょう。
母校はOBのつながりが弱い気がしますので、創立50年を機にその部分の改善に期待したいものです、私もOBの一人として、取り組みが見える様お手伝いもしますよ。
学校側の協力も必要なのは、各部活のOB会も監督の入れ替わりなどで、断層があり集まりに欠いています。 それを現在の部活担当教諭・部活保護者会・同窓会が三位一体になり、改善すると新たな歴史が出来ますね。
[続きを読む]
Posted by HPマスター コメント(0)

シリーズ「卒業生は今」 ファイルNo. 005 佐藤さん

2013年04月16日(火)

【お名前】 佐藤 友紀さん
【卒業時期】 S47年10月11日生まれ 41歳
【部活歴など】 なし
【Q1: 母校はどんどん変化していますが、お知りでしたか?】
 ハイ、TVのCMや当時にお世話になった先生らから、50周年を迎えた事はお聞きしました。 ただ卒業生や元教員などにも、校名変更などは事前の周知期間が、欲しかったとの声は多いですよ。 母校が無くなったかとも思いますよね。
 
【Q2: あなたは母校でどんな学生でしたか?】
 最後の3年生の時は、体育祭で応援団長をしました、その事はいまでも良き思い出になっています。 当時10名ほどの応援団メンバーで、お金を出し合いビデオにも残したぐらいですから。
 しかし、学生時代はよく先生からコツンと殴られていましたね。
今でもそんな生徒思いの、先生は居られますかねぇ。 
制服の乱れなどでよく、生徒指導のH先生やI先生などに。
昨日のように思い出しますね。

【Q3: あなたの卒業後の人生は?】
 卒業後、東京にあるパン専門学校に通いました。 その後2年間は大阪で修業し、帰省しました。 この店「ベッカライ ブロートハウス」は3年前からで、毎日焼き立てのパンや焼き菓子を出しています。 中でもおすすめが「レトロバケット」(180円/本)で、母校の体育科先生O氏も週数回、お買い求めにお越しになっています。
このバケットは私の自信作で、仏国のアルザスの職人から大絶賛の「ベタ褒め」を頂き、そのパンに「SATOU」と名前を付けてまでくれたのには、本当に喜びと感動でした。
 県のパン屋協会「KSB」の会長も5年していました。
美味しいコメが取れる郷土では、パンの消費が伸びません。 そのため毎年14から15店舗が集まって、パンの消費拡大のPR活動もして来ました。
手作りの良さを追求して、今日に至っています。

【Q4: ご趣味などは?】
 奥さんと13歳の娘がいます。 一人で行く温泉は最高です。
まだ娘が小さいですから、仕事ばかりでもっと頑張らないといけませんね。

【Q5: 同窓会(クラス会)はやってますか? 幹事さんは誰ですか?】
 残念ながら母校では同窓会も、クラス会も全くしていません。
母校の卒業生らは、町の中では様々な職業で頑張っていますよ。 
要は世話人がいないのが母校ですね、誰かその音頭を取ってくれる、リーダーがいればOB・OGらの、多くが参加してくれると思いますよ。 
団結力が無い母校ではイヤですからね、先生・卒業生・保護者、そして生徒ら皆が他校に負けない連帯感を、作り上げてゆくと如何でしょう。
毎年同窓会の方でOB達が集まる場所を作って欲しいのです。 
その時は私も、みんなに声掛けして集まりますよ。 

【Q6: 母校の学び舎で頑張る現役生徒にひとこと】
 高校3年間で、是非自分で決めた目標や目的を、人の意見に左右されない部分で、持ってほしいですね。 そして今は生徒達、先生を舐め切っています。 
そしてしないでも良い「退学者」を、多く出してもいると聞きます。 それを防ぐのもクラスの仲間ですし、熱血教師の先生たちですので、守るものを作り合いましょう。
 自分の高校生活の思い出は、「自分がつくる」の気持ちで頑張れと、エールを送ります。

【取材感想】
 本インタビューで、佐藤さんはお譲様の通う学校などでも、「食育学習」などに協力されて居り、学校側との関係も、とても良く継続協力してるとの事でした。 
私から是非、今後に予定する母校の「先輩学講座」にも、ご参加を頂けるようお願いしました。
佐藤さんからは、次のインタビュー対象者のご推薦まで、ご協力頂きました。
焼くパンの香りの中、白い作業着がよく似合う、まさに職人さんの雰囲気の佐藤さんでした。
あなたも一度、佐藤さんの手作りの「レトロバケット」の味を、ご賞味されませんか。
お店は楠通りの肥後銀行交差点の角地にあります、どうぞお立ち寄りを。
聞き手:谷川政敏(同窓会事務局次長)
Posted by HPマスター コメント(0)