事務局からのお知らせ

役員改選後の第1回理事会開催

2019年12月11日(水)
役員改選後の第1回理事会開催
~臨時総会後の第1回理事会と新旧役員の歓送迎会を12月6日に開催しました~
《議題について》
議題は、総会にて新しい会則が承認され、これを受けての旅費や慶弔、政治・営利行為の規定などの細則(理事会承認事項)の決定や事業報告等の議題を審議しました。
《その他》
なお、役員改選後の顔合わせですので新旧役員の歓送迎会を開催しました。ご退任された才田功前会長、船津修さん、大浦喜代子さん長い間のご尽力、誠にありがとうございました。お疲れ様でした!
 
(当日参加した新旧役員・JR赤間駅前の同窓会員が経営する「居酒屋巧(たくみ)」にて)


【細則規定が決定されました】

東海大学付属(旧第五)高等学校同窓会 細則規定
 東海大学付属(旧第五)高等学校同窓会会則(令和元年10月6日施行)第16条の規定に基づき下記の細則を定める。
  1. 旅費規程

    (1)費用弁償
    ①幹事会、理事会、会計監査の実施においてその頻度、労苦に鑑み開催の都度、交通費として1回につき1,000円を支給する。
    ②支払いは、会議の都度行い受領者は、領収書に署名捺印しなければならない。
    ③部会については、これを支給しない。
    (2)出張旅費
    ①出張は予算に基づき実施され、当該者は、会議の目的を明確にするとともに、会長に報告したうえで会計からその経費の支給を受けなければならない。なお、会計は旅費計算等の資料を作成し、受給者の捺印等領収を徴収すること。
    ②出張旅費は、交通費、宿泊費、前項(1)-①による費用弁償の実費を支給する。なお、参加人数は必要最小限にとどめ、その経路は最短かつ安価な方法で計算する。
    ③出張した者は、次期理事会に復命報告しなければならない。
  2. 慶弔規定
    慶弔の実施は、学校及び家族等の関係者から報告がなされ、本会との関係や功績、功労等を幹事会で的確に判断したうえで実施する。
    (1)弔意
    ①会員及び本会役員、教職員本人ならびに本会役員、教職員の家族(1親等まで)の葬儀においては、会長名で弔電を贈る。原則として金品は行わない。
    ②必要に応じ、供花、香典等が必要な場合は幹事会で慎重に協議し決定する。
    (2)見舞い
    ①原則として見舞いは実施しない。
    ②不測の事態により支給する場合は幹事会で慎重に協議し決定する。
    (3)慶弔の実施
    ①弔意・見舞い等の実施は、役員が知りえた範囲内で行う。なお、遡及してこれを実施しない。
  3. 政治活動・営利行為等
    (1)政治活動・営利行為等の禁止
    ①本会活動を通じての政治活動・営利行為等は一切禁止する。
    ②組織としてもそれにかかわらない。
    (2)会員の政治活動による推薦等について
    ①会員本人の政治活動による推薦は、本人直接による願いがなされれば、政党等を問わず本会からの推薦を行う。
    ②推薦願いは、本人からの依頼書(任意)及び政治信条等を記述した資料を添えて会長に提出すること。
    ③会長は、前項の依頼書が提出されたらすみやかに幹事会、理事会に報告、確認して決定する。
    ④推薦状等が必要な場合は、依頼者本人が準備し、会長はこれに署名捺印を施す。
  • ​附則 令和元年12月6日 理事会承認

【理事会報告事項】

~付属高輪台高等学校75周年記念式典の参加について~
 第1回理事会では、去る、11月9日に開催された「東海大学付属高輪台高等学校75周年記念式典」に参加した鈴木会長と竹原副会長からその内容について報告がありました。
 
 おふたりからは、「我が校よりも四半世紀も早く開校され、さすがに75年という歴史の重みを感じた。式典には東海大学本部ご来賓をはじめ、全国からの連合同窓会の役員の方々もご列席。そして記念講演会は、東海大学体育学部教授の橋本敏明先生のご講演など盛大に式典が開催された」ことなど報告がありました。
 
 高輪台高等学校ならびに同窓会に敬意を表するとともに更なるご発展を祈念します。
 
(祝・高輪台!75周年式典の様子・さすがに75年という歴史の重みを感じさせていただきました)

コメントは受け付けていません。